スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り高跳び

走り高跳び、花城が連覇 九州陸上
琉球新報
陸上の第62回九州選手権大会最終日は26日、佐賀県総合運動場陸上競技場で行い、男子走り高跳びで花城伸治(花城養鶏)が2メートル10で2年連続5度目の優勝を果たした。花城は、2008年に行われる第92回日本選手権大会への出場権を獲得した。 ...(続きを読む)


けいれん・目もうつろ…末続、2次予選で完敗
読売新聞
男子走り高跳びの醍醐(富士通)もふくらはぎがけいれんし、予選敗退。女子走り幅跳びの池田(スズキ)も「暑さが気になり、集中できなかった」と言った。 日本陸連の高野進強化委員長は「これだけ続くと、自己管理が悪いとは言えない。コンディショニングの作り方に問題 ...(続きを読む)


日本勢が不振、メダルなしの可能性も 世界陸上
朝日新聞
男子走り高跳びの醍醐、同400メートルの金丸が競技中にけいれんや肉離れを起こした。水分の補給やウオーミングアップの方法など基本はどうだったのか。女子走り幅跳びの池田も暑さに負けて冷静な判断を欠いた。 開幕日に行われた男子400メートル障害の為末の ...(続きを読む)



世陸
スポーツ報知◆大阪世界陸上第3日 男子走り高跳び予選(27日・長居陸上競技場) 男子走り高跳び予選では日本記録保持者・醍醐直幸(26)=富士通=が両足のけいれんで2メートル23を失敗し、決勝に進めなかった。 両足けいれんという悪夢が醍醐を ...(続きを読む)


走り高跳び
読売新聞男子走り高跳び決勝は、バスケットボールから転身したドナルド・トマス(バハマ)が2メートル35で金メダル。男子千五百メートル決勝は、世界歴代2位の記録を持つ、バーナード・ラガト(米)が初優勝した。 女子円盤投げ決勝は39歳の ...(続きを読む)


走り高跳び
実力伯仲、混戦模様の男子走り高跳びを制したのは、競技を始めて1年半余りの元バスケット選手、トマスだった。初出場での初栄冠。それでも「勝ったことに驚きはない。毎日のように練習を積んできたんだ」。満面に笑みをたたえた。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。