スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍 佐々木譲

昔、出会い系で本当にあったことがある。しかも無料ポイントでw
知り合いに剛の者がいて、出会い系サイトに片っ端から登録して無料ポイント内でメールしまくって何人かと会ってたやつがいた。まねしたいが、見込みのある女の子を見分けるのがコツらしい。とりあえず名前に「ぐっさん」とかニックネームいれて、「ぐっさんさん」とか「さん」が2回ついてくるやつは無視とか、ローカルねたをスルーされたら無視とかw
ここぞって時は、数千円だけポイント買って勝負してたみたい、やっぱり会えるってわかってる人はモチベーションが違うね。株でちょっと損してすぐに怖くて撤退する自分には向かないのかなぁ
相手の娘の写メとかちょーかわいかった。22の女の子と30後半の熟女、28歳の主婦、同い年のバツイチって、うらやましすぎるぞ!まあ、そのうらにはすごい努力が隠されているんだろうけど、あきらめない姿勢がすごい、携帯のケットは定額にしておかないとすごいことになるらしい。
でも、費用対効果は玄人相手よりは格段にいいとのこと。つか相手は素人だからねぇ、うらやましい。
下手な鉄砲も数打つとあたるんだなぁ
よっしゃ、とりあえず出会い系100サイト申し込みしてがんばってみようっと!

無料動画はこちら>>


復帰第1作は「笑う警官」だ。北海道出身の作家、佐々木譲氏の「道警シリーズ」の第1作。角川氏が約40年前に版権を購入、日本に紹介した、マルティン・ベック・シリーズの題名を継承させた警察小説だ。 引用ここまで.復帰第1作は「笑う警官」だ。北海道出身の作家、佐々木譲氏の「道警シリーズ」の第1作。角川氏が約40年前に版権を購入、日本に紹介した、マルティン・ベック・シリーズの題名を継承させた警察小説だ。 引用ここまで.


おすすめの警察小説(ミステリ調)を教えて下さい。横山秀夫は全部、佐々木譲「制服捜査」「うたう警官」も読んでいます。他作家も読んだ本もありますが国内ものが希望です。特に佐々木譲「制服捜査」の主人公の「俺はそれで、自分を納得させるつもりだ。お前はどうだ?」の一言にやられましたwwこのような地味ですが男が惚れるような主人公の小説が希望です。詳しい方、宜しくお願いします。おすすめの警察小説(ミステリ調)を教えて下さい。横山秀夫は全部、佐々木譲「制服捜査」「うたう警官」も読んでいます。他作家も読んだ本もありますが国内ものが希望です。特に佐々木譲「制服捜査」の主人公の「俺はそれで、自分を納得させるつもりだ。お前はどうだ?」の一言にやられましたwwこのような地味ですが男が惚れるような主人公の小説が希望です。詳しい方、宜しくお願いします。


出会い系やら無料動画のリンクをひたすら巡回する必要が無くていいかも

無料動画はこちら>>


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。