スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万能細胞

「万能細胞」国が支援、再生医療実用化へ5年で70億円
読売新聞
文科省の計画は、今後5年間に70億円を投入し、〈1〉ヒトips細胞などの万能細胞の大量培養法の開発〈2〉サルなどの動物を使った再生医療研究〈3〉研究用ヒトips細胞バンクの整備――などを重点的に進める。 ヒトips細胞は、受精卵を壊して作る胚(はい)性幹細胞(es細胞)と ...(続きを読む)


万能細胞
朝日新聞
ところが、京都大学の山中伸弥(やまなかしんや)教授(きょうじゅ)らは、人間の皮膚の細胞に特殊な処理をして、何にでもなれる能力をよみがえらせた「万能細胞」をつくることに、世界で初めて成功しました。この細胞を使えば、血液や腎臓(じんぞう)の細胞などを自由に ...(続きを読む)


万能細胞の成功を称賛 ローマ法王庁立アカデミー
中日新聞
【ローマ23日共同】京都大と米ウィスコンシン大がそれぞれ人の皮膚から万能細胞をつくったことについて、ローマ法王庁(バチカン)の生命科学アカデミー所長でカトリック聖職者のスグレッチャ氏は「人(受精卵)を殺さず、たくさんの病気を治すことにつながる重要な発見 ...(続きを読む)



営業担当者が制服に抱く不満
制服上のおもしろい、すごい話日本最速でパンチラをハメる男万能細胞 山中伸弥. “万能細胞”世界が注目 NHK さまざまな組織や臓器になるes細胞とほぼ同じ能力の細胞をヒトの皮膚を使って作ることに世界で初めて成功した京都大学の山中教授の研究室. ...(続きを読む)


かんたん制服
人の皮膚から「万能細胞徳島新聞人の皮膚細胞に遺伝子操作を加え、万能性を持つ胚性幹細胞(es細胞)のように、さまざまな細胞に成長できる人工幹細胞をつくることに、京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授らと米ウィスコンシン大のチームがそれぞれ成功 ...(続きを読む)


偉大な発見を実現する「条件」とは
京都大学の山中伸弥教授の研究チームと米ウィスコンシン大学の研究チームがそれぞれ,ほぼ同時に人の体細胞から「万能細胞」(iPS細胞)を作製することに成功した,と発表した。一度,皮膚などの組織に分化した細胞に遺伝子を組み込むことによって, ...(続きを読む)



スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。